14.05.27

 

松本から無事帰りました

 

充実した2日間となりました

 

新たな出会いや前回選んで頂いた方との再会

たくさんの方にお選び頂きいろんな話ができて楽しい時間でした

 

カツサンド、くるみクッキーおいしかったです 差し入れ元気が出ました ありがとうございました!

 

次へと進む活力をこの2日間で貰ってムクムクと作りたい気持ちが高まってきました

 

赤ちゃん連れで大変かなと思っていたけれど家族の助けもあって

みんなで楽しむことができました 感謝!

 

前日入りして六九クラフトストリートを廻ったり行きたかったお店に行ったり

美味しいお蕎麦を堪能したり展示以外でもとっても楽しめた今回

また力を蓄えて参加できれば良いなぁと思います

 

新たな展開に繋がる出会いにも恵まれたのでこれからまたがんばりたいと思います

 

ありがとうございました!

 

そして おてんとさん、雨を降らさずいてくれてありがとよー

 

 

 

    

 

 

 

 

14.05.21

クラフトフェアまつもと2014

 

いざ松本へ

 

やっとこさ荷物の発送を終えて一息

いよいよ今週末は松本へ

今年は初めての子連れ

不安もあるけれどみんなで楽しむぞ!

 

展示は春夏ものと秋冬もの両方展示します

なかなかどちらも一挙にという機会はないので

是非お立ち寄り下さいね

 

荷造りを終えてみると結構な点数になりました

 

当日皆様にお会いできる事楽しみに

初めての方とも再会の方ともお話するの楽しみです!

 

それでは週末に

 

 

 

    

 

 

 

 

14.05.14

peter IVY展へ

 

ギャルリーワッツさんで開かれているpeter IVY展へ

一度目は会期2日目にそして最終日にもう一度

 

良いものは良い

 

どこまでだってずっと良い

淡くグレイッシュなガラス

ピクルスjarと片口ツノcup

 

わが家へ

 

 

 

    

 

 

 

 

14.05.08

 

‐手の仕事爽やかに‐

ヒナタノオトさんでの作品展終了しました

 

ありがとうございました

 

作品を通して良き出会いをさせて頂き嬉しく思います

 自分の中での課題も見つかって前へ進む為に熟考する時間を持とうと思います

自問自答の日々は続く

 

 

さて次へ向けての新しい気持ちも

次の展示はクラフトフェアまつもと(5/24,25)

より近い距離で皆様にお会いできるのを楽しみにしています

 

 

 

    

 

 

 

 

展示のお知らせ

 

Ohama 革 | 高見由香 染織 作品展  - 手の仕事、爽やかに -

2014/4/25 (金) 〜 5/7 (水) 12:00〜19:00(土日祝 18:00まで)
木曜休み・最終日16:00まで

ヒナタノオトにて

在廊日:4/26(土)27(日)

 

革の大濱さんと2人展です

ヒナタノオトさん展示空間をリニューアルされて初めの展示になります

いろんな楽しみが詰まった展示になりそうです

 

 

 

    

 

 

 

 

14.04.28

スタート!

 

始まりました

2日間お会いできました方々ありがとうございました

新しい空間で落ち着いた雰囲気の中ゆっくりじっくりみて頂ける展示です

 

天気も良くて良いスタートを切れました

まだまだ黄金週間は続きますのでどうぞお立ち寄り下さい

 

日本橋の街も楽しくなっておりますよ うふふ

 

 

 

    

 

 

 

 

14.04.23

檸檬

 

最後に機にかけたのは檸檬色のストール

 

檸檬というと凛としていてきりりというイメージ

色から受ける印象って大きい

「何色が好きですか」でその人の事を少し知れるかもしれない

 

しかし..レモンっていつも書けないな...

 

    

 

 

 

 

14.04.18

1週間前

 

展示まで追い込みの日々

展では新しい試みのスクリーンや麻のおくるみ 麻のストールを見て頂く予定です

おくるみ色々

ストール色々

数多くはありませんがそれぞれに表現したかったことが詰まったものになりました

新しい風景に出会えるようなわくわくした気持ちでいます

あと1週間

がんばる

 

    

 

 

 

 

14.04.03

麻のおくるみ

 

冬のカシミヤのおくるみに続きこれからの季節用に

お風呂上がりの身体も包めれば冷房対策にもなる

強い日差しからも守ってみせよう!

 

 

母になって実感するのはどんな季節も布1枚あると心強いという事

 

お守りのようなおくるみ

 

    

 

 

 

 

14.03.14

 

ひとまずここで

 

スクリーンのシリーズに区切り

さて次へ

 

この間文章を書く機会を頂いて短いけれど文章を綴った

カッコつけずにとぶつぶつ言いながら...

わー悩むやろうなぁと思いながら書いたけれどわりとすっと文字が並んだ

思いつきで書いてるここの文章が少しは役に立ったのかも

 

 

    

 

 

 

 

14.03.06

ミストグリーン

 

もやがかった緑みの灰色

 

生きている植物には湿度を感じる 

朝靄の森に入ると光と瑞々しい空気が充満していて自分の呼吸が負けそうになる

都会にいると感じることのない空気

だから足を踏み入れると記憶に際立って残る

 

少し前 明治神宮の代々木の杜へ入った時

同じような感覚になった

  

永遠の森

 

 

    

 

 

 

 

14.02.26

シーブルー

 

白から青へ藍で染める

混じりっけなしの青

 

夏の暑い日 風が吹いて窓辺をひらりと揺れる布

 

涼しさは体感温度だけではなく視覚でも感じられる

 

海を見ているような涼やかな気分

 

 

 

    

 

 

 

 

14.02.17

赤い果実

 

ブルーベリー ラズベリー いちご ブラックベリー いちじく ざくろ ビーツ トマト

一皿にざっくり盛りつけてあるとそれはもう食べ物でなくて宝石

みずみずしくていろんな赤が寄り集まってそれはもう美しい

 

ケーキ屋さんで真白なクリームの上にぎっしり盛られていると連れて帰らずにはいられない

そんなケーキを今日は買おうかな

今日をさかいにアラサーからアラフォーへ

変わった事といえば

好きなものから先に食べるようになった事

 

 

 

    

 

 

 

 

14.02.06

タテとヨコ

 

タテ糸とヨコ糸が交わって新しい色が生まれる

予測しなかった色が出てくれた時は シメシメ と思う

 

様々な計算を経て織りの計画が立つのだけど

計算ではない偶然性が作品の中には必要で

緻密な計算とそうでない部分の2つが同居するからおもしろい

 夜でもなく朝でもない白い空気

今回は近づけただろうか

 

 

 

    

 

 

 

 

14.02.04

夜と朝のはざま

 

仕事を終えてコーヒーを買いに外へ出ると

夜が終わろうとしていて

人も車もいないオフィス街は蒼みがかった白色をしている

始発までもう少し

 

夜でもなく朝でもないほんの数分間を布に映し出したいと思い機に向かう

 

 

 

 

    

 

 

 

 

14.01.24

モザイクガラス

 

のような布

窓辺を揺れたり 壁を彩ったり ゆるりと空間を区切ったり

布の表現はいろいろあるのだから

今までと違った角度で挑戦してみたいと思った

モザイクガラスが使われている古い建築に心を掴まれた記憶を辿って

色をつくり技法を選び手を動かしてみる

 

あの風景のように美しさが表現できたか

すぐには分からない

けど 何かストンと落ちるものはあった

 

 

 

 

    

 

 

 

 

14.01.20

ひたすらに

 

糸を通す

綜絖約1000本

修行やね...

 

約1000本ノック

ノックしたことないけど...

織ってる最中から次はこんな風にあんな風にと出てくるもんで

おもしろい

 

 

 

 

    

 

 

 

 

14.01.15

テストピース

 

小さなテストピースを織る

よしよし不安だったところもこれでいけそう

本番は色数が増す予定

透明感とイメージしている色が出ますように

糸の番手はもう少し細い方が良いことが分かってよかった

 

 

 

 

    

 

 

 

 

14.01.06

あけまして

おめでとうございます

 

2014年仕事始めは糸染めから

春の展示のやりたいことあれやこれやの下準備

今年は時間を生みだすのに工夫が必要になりそうだけど

短い時間を繋ぎ合わせて色濃い時間にしよう

手が動かせなくても考えることはできる!

麻のおくるみ用の布を年末に織り上げていたので湯通し

これから形にするのだけど上手くいくかしら

やりたい事は山積みだ!

 

今年もどうぞよろしくお願いします

 

 

 

 

    

 

 

 

 

13.12.06

カシミヤのおくるみ

 

娘が産まれたら作りたいと思っていたおくるみ

やっと形になる

なかなか集中する時間が取れないのが悩ましい

 

赤ちゃんはすべてがふわふわ

ふわふわのカシミヤで包んでふっわふわ

ぷかぷか浮かんで飛んでいきそう

ベビーカーの前掛けにしてもよさそうだな

 

筬の密度とかステッチの太さとか縮絨の加減とか

ディテールの調整が必要

直す部分があるってことは良くなるってことだぁね

「gift」 シリーズ3

私から娘へ初めてのgift

 

 

    

 

 

 

 

  

13.11.21

亜麻

 

織り上がった亜麻の布を一度洗いにかけて干す

乾くと野性味が表に出て強い感じになる

そのままで良い風合い 使い込むともっと良い風合いに育っていくと思う

 

 giftシリーズ2

 

亜麻のハンカチの贈り物

贈り物には時間と共に渋く育って愛着が湧くような物を選びたい

  

 

 

    

 

 

 

 

  

13.11.15

亜麻の布

 

亜麻が持つ強く荒らくしなやかな野性味

どうしたら引き出せるか考える

いつもよりワイルドな触感の糸に変えて

太さを変えて

筬密度を変えて

とにかくやってみる

 

亜麻は使い始め少し硬い

洗いを繰り返し使い込んでいくと余分なものが削ぎ落とされて糸本来のしなやかな姿が現れる

 

一年後のその布を想像しながら今を織る

ワクワクする

覚書として

大きい小さいに関わらず考えただけでワクワクしちゃう事なんぞそう多く出会わない

日常の雑事に覆われて忘れたり見逃したりするのは

もったいないし味気がない

 

  

 

 

    

 

 

 

 

  

13.11.12

「gift」

 

シリーズ1

 

大切なあの人へ

寒い季節は赤いものを贈りたくなる

 

カシミヤのリバーシブルストール

 二重になっていてもカシミヤならではの軽さとしなやかさでもたつかない

裏と表の分量の加減でいつも違う表情を見せてくれる

 

 

※ヒナタノオトさんでの展示は終了しましたが大判ストールを何点か引き続き取り扱い頂いています

宜しくお願いします

 

  

 

 

    

 

 

 

 

  

13.11.07

小春日和の布えらび

 

6日にて終了致しました

足を運んで下さいました皆様ありがとうございました

 

寒い日に心も身体もポッとあたためられるようなものになれれば嬉しく思います

 

まだまだ足りないところ やってみたいこと 整えること

たくさんあるので少しずつ前へ前へ

 

  

 

 

    

 

 

 

 

  

13.10.29

小春日和の布えらび

 

始まっております

展示風景はこちら

落ち着いたトーンのものや

桃のコンポートに葡萄のシャーベット

美味しそうな色のカシミヤストールもあります

枝豆のスープ色

 

在廊日は4人の織姫集合で楽しかったなぁ

  

 

 

    

 

 

 

 

  

13.10.23

納品作業の日

 

少しほっとできる日

丁寧に送り出そう

 

※27日(日)在廊します

 

 

 

    

 

 

 

 

  

13.10.22

赤いカシミヤ

 

赤いストール=大人の女

という方程式

 

上品で艶っぽくて垢抜けている

 

難題である

 

 

 

    

 

 

 

 

  

13.10.21

<展示のお知らせ>

 

「小春日和の布えらび」

inヒナタノオト

 

2013/10/26 (土) ? 11/6 (水) 12:00?19:00(土日祝 18:00まで)
木曜休み・最終日16:00まで

参加作家:URIZUN | 遠藤博子 tass | 佐藤亜紀 | 高見由香

 

今回はあたたかくて大っきな布を織りました

心も身体もすっぽり包まれて柔らかい気持ちになれるような大っきな布

なんだか大っきな気持ちでふんわり包み込みたかったのです

手に取られる方々に伝われば嬉しいな

 

カシミヤやラムウールの素材の力を借りて遠回りしたりしながらも

丁寧に一枚一枚織りました

 

是非包まれに来てみて下さい

どうぞ宜しくお願いします

 

 

 

    

 

 

 

 

  

13.10.20

ひと雨

 

雨が降るたびに寒さが増していく季節

チェックってなんだろう あたたかい

男性にもラフにぐるりと巻いてほしい

  

 

 

    

 

 

 

 

  

13.10.14

雪の風景

 

雪の風景を思い描いて織る一枚

毎年続く毎回違う雪景色

 

 

今年は純粋にお客さんとして工房からの風へ

 

 

 

    

 

 

 

 

  

13.10.09

手の力

 

糸の密度 縮絨具合 柄の出方

 

手に伝わる感覚を頼って少しずつ力を変化させながら

思い描くものに近づけていく作業が繰り返し続く

 

今回はこういった手の力で糸から布に変化する感覚を再確認

それぞれの工程で自分の手の力を信じること

そうすれば良い布が仕上がる

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

13.10.03

迷ったら

 

困難な方を選ぶ

 

選んで見えた景色は美しいことが多い

 

すっぽりと包むあたたかい布

織り上がる

 

 

 

    

 

 

 

 

 

13.09.27

大っきな布

 

娘が寝ている間にもくもく織る

時間に限りがある方が集中しやすいのかも

 

今は大っきな布を織りたい

大っきな布であたたかく包みたい

 

 

 

    

 

 

 

 

 

13.09.19

ラムウール

 

生後5か月までの羊毛

艶やかで傷みがなく素直で貴重な糸

 

生まれて間もない肌や髪

圧倒的な透明感があっていつまでも触っていたい感触に似ている

 

そんなラムウールで織りたいと思っていたものが今つくっているもの

 

この糸の透明感が前面にでるように素材が活きるように仕上げていきたい

 

 

<お知らせ>

10月にヒナタノオトさんの企画展に参加します

 

あたたかい布 只今制作中

 

 

 

    

 

 

 

 

 

13.09.05

渇いた色

 

かわいた砂漠の砂を絵の具に混ぜたような

そういう色が気になる

 

 

 

    

 

 

 

 

 

13.08.29

再開

 

約4か月ぶりに糸に触る

4月末から早産になりかけて安静にしていなくてはならない状態が続き

糸を触ることが叶わなかった

 

作りたくて仕方がない衝動がどどっと押し寄せては行き場をなくして積もっていく

それでもそれは良かった

 

手は動かそうと思えば勝手に動く

何をつくりたいかもう一度深く考える必要があると思いながら

時間に追われて目をつぶってしまうところがあったから

 

自分の指に勝手に縛り付けていた紐の結び目を解いていく過程が自分には必要

 

糸に触れる喜びと何でもつくれる喜びを

近くですやすや寝息をたてて眠る人をちらっと見ながらパクッと食べる

 

あ〜おいしい

 

 

 

    

 

 

 

 

 

13.08.07

ぼんやりと柔らかな日々

 

気付けばアッという間に時間が流れている

曇り硝子越しに柔らかな光を見ているかのような日々

動物園の水中の白クマを観察してるのと似ている気もする

 

いろんな方からあたたかい贈り物が届いてそれはモノだったり言葉だったり

ありがとうございます

いおりは幸せを運んできてくれるコウノトリなのかもしれないなぁ

 

今日は「パンとスープとネコ日和」を見た

松本佳奈監督の作品は好きだ

そして小林聡美はもっと好きだ

 

今日は遅く帰ってくる卵好きな旦那はんに卵のサンドイッチを作ってあげようと思う

影響されやすい私

 

コウノトリと白クマと曇り硝子な日々が今日も足早に過ぎる

 

 

 

    

 

 

 

 

13.07.14

あたたかな贈り物

 

素敵な贈り物を届けて下さる

包みが何とも可愛くて封を切る前にパチリ

開けたらあたたかな贈り物

本当にありがとうございます

 

あの方からはミルクトップのアイスクリーム

とっても美味しかったよ

夏にサイコー

 

ありがとねー

 

 

 

    

 

 

 

 

13.07.07

七夕

 

6月30日に無事出産しました

 

ふわふわしてあたたかくてやわらかい女の子

 

愛しい人が増えました

 

 

 

    

 

 

 

 

過去のdays

・2013/05〜

・2012/12〜

・2012/09〜

・2012/05〜

・2012/02〜

・2011/11〜

・2011/08〜

・2011/05〜

・2011/02〜

・2010/11〜

・2010/08〜

・2010/06〜

・2010/02〜

・2009/11〜

・2009/08〜

・2009/03〜