16.12.29

まっさらな

 

今年最後にうまれたストール

まっさらで透き通るような白

全部洗い流したあとのような清々しい色で

一年を締めくくりたかった

今年もたくさん織らせてもらえて幸せでした

ありがとう

 

 

 

 

 

 

 

16.12.28

ゆらぎ

 

白 ブルーグレイ ペールグレイ

3色がゆらぎながらお湯の中で変化を待っている

 

一本の糸から布へ

新しい色が生まれるとき

 

 

 

 

 

 

16.12.25

 

メリークリスマス

 

うっすらと雪が積もった道を

サンタクロースを乗せたソリが

忙しそうに縦横無尽に走ったあとのような

雪積もる街を空から見たような

白いストール

 

やっと続きを織れる

 

娘から始まり家族皆を襲った急性胃腸炎の呪縛

1週間程皆を順繰り周った後やっと解放

昨日まで苦しかったー

あーいつも通りって素晴らしい

おいしいものがおいしく食べれるって素晴らしい

 

いつもの暮らしを

ありがとうサンタさんと言いたい気分

 

 

 

 

 

16.12.09

 

森へ

 

冬の森へ

乾いて澄んだ空気の中 濃縮された色が溢れている

空からもハラハラと色が降ってきて

お祝いされているかのよう

 

縮こまっていた身体が大きく外に開いて伸びをする

あー気持ちが良い

 

さて次に向かって大きく伸びをして開いていこう

 

 

 

 

16.11.24

終了しました

 

ヒナタノオトで開いておりました個展23日で終了致しました

 

たくさんのお客様に恵まれ作品たちも喜んでいると思います

そして何より私が幸せでした

 

ありがとうございました

 

ストール数点となりましたが引き続きヒナタノオトさんで見て頂けますので

どうぞよろしくお願いします

 

 

 

 

16.11.18

始まりました

 

本日より個展始まりました

 

沢山の方々に出逢いそして再会し幸せな時間が流れました

長い時間自分と向き合った時間の答えがここにあるような気がしています

 

※追記

20日(日)在廊します

 

 

 

 

 

16.11.17

明日から始まります

 

いよいよです

個展始まります

 

高見由香 手織り布展ー冬のあかり

2016.11.18(金)〜23(水祝) 会期中 火曜休み

場所:ヒナタノオト

東京都中央区日本橋小舟町7-13 セントラルビル1階

12:00〜19:00(土日祝 18:00まで)

在廊日:11.18(金)・19(土)

その他の日も会期中顔を出す予定でいます

 

作品を通しての出逢い楽しみにしています

お気軽にお越し下さい

 

 

 

 

16.11.08

個展のお知らせ

 

個展を開きます

 

高見由香 手織り布展ー冬のあかり

2016.11.18(金)〜23(水祝) 会期中 火曜休み

場所:ヒナタノオト

東京都中央区日本橋小舟町7-13 セントラルビル1階

12:00〜19:00(土日祝 18:00まで)

在廊日:11.18(金)・19(土)

その他の日も会期中顔を出す予定でいます

 

冬の日の個展に向けて、すべてカシミヤで織り上げた布

じっくりと機に向かって生まれた「あかり」がヒナタノオトに灯ります

 

 

東京では初の個展

じっくりと時間をかけて制作してきました

その一つ一つが愛おしいです

一人でも多くの方にお目にかかれる事を楽しみにしております

お気軽にお越し下さい

 

 

 

 

16.10.29

 

個展まで20日

 

ここから吹くのは追い風か向かい風か

 

そして

工房からの風

メセナ大賞受賞おめでとうございます

 

すごい!

おめでとう!

 

 

 

 

16.10.19

いくつかのお知らせ

 

お知らせ 1.

11月18日(金)より日本橋にある「ヒナタノオト」さんで個展を開催します

新作のカシミヤで織り上げたストールを中心に

※こちらの詳細はまた後日

 

 

お知らせ 2.

カシミヤストール数点ずつですが納品しました

以下2店舗です

 

去年に引き続きお世話になります

「Encounter Madu aoyama」

〒107-0062 東京都港区南青山 5-8-1 セーヌアキラ1F

TEL:03-3498-2971

 

 

今回からはじめましてになります

「Sisu」

〒930−0952 富山県富山市町村2−25

TEL:076−424-4287 

 

※詳細は各店舗にお問い合わせ下さい

 

 

お知らせ 3.

個展まであと1か月

期間限定

勝手にカウントダウン始めました

 

 

 

 

16.10.17

 風から持ち帰ったもの

 

ちから

 

 

 

 

 

 

16.10.13

 PINK!PINK!PINK!

 

曇天を打ち破るように

スカッとしたピンクを身に纏う

 

曇りだって雨だって雪だって

そんな時こそ

ピンク

時に大人の大胆で上質なピンクはカッコイイんだ

 

 

 

 

 

 

 

16.10.03

 もしも

 

空気に色をつけたなら

 

想像してみる

1週間程手を動かせないでいた

小さき人が熱でダウン

私もいっしょにダウンしそうになりかけてなんとか気合で持ち直す

 

皆が元気な上に自分の仕事が成り立っている

 

長いスパンで見ればきっと今はそういうタイミングなんだろう

 

 

 

 

 

 

16.09.20

 間(あわい)

 

ものとものとのあいま

 

色と色とのあいま

 

空気とものとのあいまにある曖昧な色

淡く 柔らかく ぼんやりと漂う色

 

あたたかな空気をまとうような布

 

 

 

 

 

 

16.09.12

 ひたすらに

 

向かう先が明るいのかわからなくなりながら

 

毎日

もがいて苦しい

けれど

楽しいけれど苦しいけれど

けれど
織りたい

毎日

 

 

11月の個展まで苦しくも幸せな時間

 

 

 

 

 

 

 

 

16.08.24

夜の景色

 

真っ暗闇ではない

ぼんやりと薄明るい

 

大きな何かに押しつぶされそうな夜

テレビをつけて眠るように

 

窓の外には点々と光の粒が落ちていて

真っ暗闇ではない

眠れない東京夜景は悲しげだけど

不安を包む薄明るい光で

いつの間にか私は眠り

朝を迎えている

 

 

 

 

 

 

 

16.08.09

秋の果実

 

葡萄 柿 無花果 林檎 栗

考えただけで美味しそうだ

夏の尻尾が見えてきた

 

 

 

 

 

 

 

 

16.08.07

雨雲

 

くっきりと晴れていたと思えば

急に暗転した空へ

大粒の雨が勢いよく落ち空の色は灰色へ

雨が上がると雲の隙間から光が射してくっきりとした青を取り戻す

夏の空は光と色の変化が忙しくリズミカルでおもしろい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16.07.30

フレーム

 

実際に使われる場面を切り取ってみる

フレームの中に納めることで

つくったモノを客観視する

 

 

 

 

 

 

 

頭の中で描いていたものがアウトプットされているだろうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16.07.04

night sea

 

海夜

夜の海へ潜り込む

深く深く潜る

音が消えて青の世界が広がる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16.06.23

night mist

 

夜霧

濃い霧が一面を覆う

その先に朝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16.06.16

midnight gray

 

夜と朝が交錯する

 

次は渋めにトーンを落とす

縮絨後どう変化するのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16.06.12

at midnight

 

深い夜の色を切り取る

  

真夜中から明け方へ

刻々と色を変えていく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16.06.03

薄い青の時間

 

明け方

薄い薄いブルーの膜に覆われた世界

この青い世界を独り占めしたような錯覚

静かな時間

まだカブの音も鳥の声もしない

 

それでも刻々と時間は流れる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16.05.27

薄い青

 

am 4:30頃

朝陽はまだ昇らない

ひんやりと薄いブルーの世界が静かにある時間

次にカタチにしたいもの

まきまきで糸の準備

心の準備

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16.05.25

ヤコブセンのブルー

 

お気に入りの色

ヤコブセンがよく使っていたブルー

ポンポンのタッセル付けて縮絨して仕上がる

そして暑い中の縮絨作業は過酷なのを毎年この時期に思い出す

 

今年の寒くなる頃に誰かの首元をあたために

良い方のところへ行くんだよ

嫁に出すかのよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16.05.23

真夏のよう

 

暑さが一気に上昇中

水族館のイルカショーは想像以上に楽しかった

 

今日で織り上がり

これからポンポンポポンのタッセル作り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16.05.20

暑くなってきたので

 

冷やし中華始めました

...ではなく

Instagram始めました

こちら☆

 

 

そして

秋冬の制作も始めました

 

 

 

 

 

 

 

 

16.05.09

ありがとうございました

 

「やっぱり 赤が好き 初夏でも」展

 ヒナタノオト

 

昨日終了致しました

GWのスタートから終わりまでたくさんの方に足を運んで頂きお選び頂きましてありがとうございました

 

店内が赤一色になってお客様も赤い何かを身につけていらっしゃったり

赤に染まった楽しい時間でした

 

会期終了となりましたが作品は引き続きお店でご紹介頂いております

ご好評頂きましたハンカチを追加納品しております

色をしぼって表現するのもおもしろいと感じた展示会となりました

 

 

 

 

 

 

 

 

16.04.28

明日から!

 

「やっぱり 赤が好き 初夏でも」展

 ヒナタノオト

明日から始まります

 

搬入で訪れた店内はいろんな赤が溢れていました

ワクワク

すごいことになりそうです

 

明日私もお店に伺います

開店時から夕方頃まで

 

GWの始まりに自分だけの赤

大切なあの人にぴったりな赤を探しに是非!!

 

 

 

 

 

 

16.04.27

ハンカチ

 

真っ白な糸で織ったハンカチのヨコ糸を数本抜いて

赤糸を絡ませる

私だけの印がついてるようで嬉しい特別なハンカチ

 

嬉しくて何度も透かしてみる

 

ものつくりの人のためのシリーズのヘアバンド

 

やっとやっと

ラストスパートで出来た!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16.04.25

はたらく手

 

はじめに

ものつくりの人のためのエプロンをつくった

つづいて

タオル

髪をまとめるもの

何かをつくるときに

ちょっと嬉しいようなやる気がでるような

ほんのちょっと後押ししてくれるもの

それだけで

もう少しがんばれる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16.04.21

糸からカタチへ

 

1本の糸からカタチあるものへ

長い過程をひとつずつ丁寧に通って確実に仕事をする

ものつくりの人のためのエプロン 

それに合わせたタオル

腰紐にひっかけて作業中にささっと拭けるように

赤の展示に合わせて赤の彩りをちりばめて

 

エプロンに合わせたもう1アイテム。。。

もう一息で出来そうなんだけどちょっともやっとする部分が解消できていない

間に合わせられるかなぁ

 

それとハンカチは赤の展示特別バージョンで

新しい試みを施そうと考え中

あとは時間だなぁ

頭の中の設計図を手の仕事でどこまで落としこめるか

妥協はなしで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16.04.17

やっぱり赤が好き

 

展示のお知らせ

「やっぱり赤が好き 初夏でも」

ヒナタノオト

4/29(金祝)〜5/8(日)

会期中火曜・木曜休み/最終日16:00まで

 

参加作家

Anima uni | Ohama | 加藤キナ | 佐々木ひとみ | sonor
高見由香 | TETOTE | 服部謙二郎 | 針の森 | 染めもの屋 ふく

10人の作家から赤の作品が集まります

今回は新しいアイテムや今展のための特別仕様のもの等

新しいものも見ていただこうと思います

 

只今、機→ミシン→機→ミシンを繰り返し

糸から立体へとカタチを変えています

 

つくりたいものはムクムクと

どこまで精度を上げられてカタチにできるか

時間を要するものもあれば瞬発力が大事なこともあって

どう見極めるか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16.03.31

そして 赤

 

次の展示に向けて時間を縫い繋げて織る

今年の3月は駆け足で過ぎていくようで

今日は3月最終日

いろんなすべき事をくぐり抜けて機の前に腰を据えられたのは少し前

限られた時間の中だからこそ

思考を左右上下に飛ばし 掘り下げ ふるいにかけて

純度の高いものを残し形に繋げる

きっとこういう状況でやる事が肥やしになって積もっていくと

半分言い聞かせ半分楽しみながらヨコ糸を渡す

赤をテーマにした展示

1色だけを掘り下げてつくるのは初めてで新鮮

つくりたいものはムクムクと

うまくいくかなぁ おさまるかなぁ

試行錯誤の時間もまた楽し

おっとでもそんなに余裕はないぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

16.03.17

ソノヒカリ テノヒカリ展終了

 

伊勢丹新宿店にて開かれておりました「ソノヒカリ テノヒカリ」展15日に終了致しました

初日、と土曜日と店頭に立たせて頂き本当にたくさんの方にお会い出来た事

たくさんの作品をお選び頂いた事嬉しく感謝の気持ちで一杯です

 

嬉しい事に前に自身の作品をお選び頂いた方々に再会できたり

HPをご覧になられていて実際に作品を見に足を運んで頂いたり

初めてのお客様も気に入ってお求め頂いたりと本当に様々なお話をさせて頂けました

この時間は宝ものです

搬入時にパチリと撮ったものですが

あれからもう1週間経つのかぁと思うくらい

昨日の事のように色濃く色鮮やかに記憶に刻まれています

 

20人の作家の熱量が凝縮した今回の展示会

搬入展示を終えて展示会場を見渡したときの高揚感は忘れられないものとなりました

企画して頂いたヒナタノオト様、ご来場頂いたお客様、作家の皆様、伊勢丹新宿店の関係者様

皆様 ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

16.03.08

ソノヒカリ テノヒカリ展 搬入日

 

今日は作品搬入日

 

いよいよ明日からスタートします

 

「ソノヒカリ テノヒカリ」 伊勢丹新宿店本館5階にて

 

伊勢丹新宿店のHPでご紹介して頂いています→

 

 

上記写真のストールやハンカチ、エプロン等出品します

 

3/9(水)12(土)お昼前頃から夕方頃まで在店します

 

お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さいませ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

16.03.02

ソノヒカリ テノヒカリ展

 

春の展示会に出展します

新宿伊勢丹店にて3/9(水)より始まります!

 

「ソノヒカリ テノヒカリ」

2016/3/9(水)〜15(火)

伊勢丹新宿店 本館5階

センターパーク/ザ・ステージ#5

10:30〜20:00

 

ヒナタノオトさん企画の展示です

20人の作家の光の結晶

是非見て頂きたいです

ヒナタノオトさんのHPに作家作品紹介をして頂いています

こちら☆

こちらも是非見ていらして下さい

  

どうぞ宜しくお願いします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

16.02.25

レース織ハンカチ

 

マル シカク サンカク タテ ヨコ ナナメ...

春の風に舞うように

いろんな色にカタチを乗せて軽やかに

春風を一枚

ポケットにしのばせるみたいに

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

16.02.18

麻仕事

 

立春のあたりから麻の仕事に入る

久しぶりに触る麻糸はサックリと乾いた感触にひんやりとした気持ち良さがあった

麻のものを身につけるとシャキッと背筋が伸びて凛とした空気を纏ったように感じる

時間が経てばいつの間にかそれは身に馴染み柔らかさとしなやかさを帯びてくる

麻のそういうとこが好き

 

レース織りでハンカチを織る

レース部分に光が落ちて影をつくり模様が浮き出る

光が強ければ強い程陰影は美しい

同時に

陰を深く感じていなければ美しい光は生み出せない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

  

 

 

 

16.02.07

キリリとgirly

 

大人になってもどこかに残る乙女な部分

人によって分量は様々なのだろうけど

凛としていても覗く乙女な部分

可愛いだけじゃぁ甘ったるいけれど

スプーン一杯分くらいはいいんじゃないかと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

  

 

 

 

16.01.30

 

香りを纏う

 

花の香りの香水をつけるように

香りを纏えたら

 

花に顔を近づけた時の幸福感

鮮やかで透き通った色

甘くみずみずしく時にスパイシーな香り

 

 

 

 

 

  

 

  

 

 

 

16.01.22

春に向かって

 

制作を進める

雪が降るモノトーンの景色の中にいても

春の明るさを探して手を動かす

 春は色を纏う季節

思いっきり色を楽しみたい 色と出会いたい

 

 

 

 

昨日は自分の手で編み上げたセーターを纏った友と会う

最近作り上げたというそのセーターは

もう何年も前から着ているように彼女にすでに馴染んでいた

その手からつくられるものはその手そのものだ

その静かな存在感に高揚した

そしてもうひとつ

私を高揚させるもの

昨日tamiserにて遭遇

peter ivyのグラス

店主さんに教えてもらったビールの三度注ぎやってみよう

想像するだけでニヤリ

 

 

 

 

  

 

  

 

 

 

16.01.09

今年も宜しくお願いします

 

2016年始まりました

仕事始めとなった作品仕上がる

3月の展へ向けて始動!

 

肌のような柔らかさに薄い膜を一枚まとっているような感覚

重さ約50g 卵一個分の重さ 身にまとっていることを忘れる軽さ

極細のカシミヤ糸で春に向けた一枚

 

今年は大きな目標が先ににあるのでそこへ向かって時間を積み上げていくこと

読みたい本を読むこと

観たい映画を観ること

住まいのこと具体的に前進させること

モノを選ぶ軸をぶれさせないこと

 

書き出すとたくさん出てくるなぁ

ひとつひとつ時間をつくって出来るようにしよう

それが目標

 

 

 

 

 

  

 

  

 

 

 

 

過去のdays

・2015/12〜

・2014/12〜

・2014/05〜

・2013/05〜

・2012/12〜

・2012/09〜

・2012/05〜

・2012/02〜

・2011/11〜

・2011/08〜

・2011/05〜

・2011/02〜

・2010/11〜

・2010/08〜

・2010/06〜

・2010/02〜

・2009/11〜

・2009/08〜

・2009/03〜